ハルにゃんの徒然日記

ハルの日々の面白いしぐさを写真に留めてま〜す♪

2016年03月

ハル

おもちゃについてきたマタタビの粉ですが無臭です。
猫夢中は本当かな?

ハル

いやいや、カニカマの方が好きみたいです。
やはり食いしん坊ハルちゃんなのでしたw

ハル

絨毯の中から何かが睨んでます・・・怖いです。

ハル

ついに絨毯の中の生物がすがたを現しました。

ハル

猫?たぬき?未確認生物?の化石でしょうかw

ハル

いやいや暴れんぼうハルだったようです!

ハル

最近お気に入りのダンボールで高イビキのハルちゃん。
ストーブの前で気持ちよさそうです。
ハルちゃんは体が大きいのでイビキも特大です。

モニター


モニプラモニター参加です。
海の精 桜の塩とサンプルを頂きました。
お題がなかったので、MYテーマは『桜の香る塩菓子』に
かってに決めて桜の塩を使って春を感じる物を作っちゃいましたw

桜の塩
桜の名所として有名な 奈良・吉野の八重桜で作った「桜の花の塩漬け」です。
桜が上品に香り、天ぷら、豆腐、おむすび、お菓子の材料など料理に色を添えます。
淡いピンク色が可愛いお塩です。 


モニター


 『  しっとり甘酒入り桜の塩マフィン  』
表面はサックリ、中はしっとりのマフィンです。
甘酒と桜の香りと桜塩の塩分がほどよい甘みを引き立てます。

◆材料◆  4個分(45分)
薄力粉(100g)
ベーキングパウダー(小1)
砂糖(50g)
卵(50g・Mサイズ1個)
海の精 桜の塩(1g・1袋)
サラダ油(50g)
豆乳(20g)
甘酒(自家製のもったりした米麹甘酒使用)(50g)

◆作り方◆
(1)粉類を振るいます。
(2)卵と砂糖を白くもったりするまで泡立てます。
(3)豆乳、甘酒を入れさらに泡立てます。
(4)粉類を(3)に入れてサックリ混ぜます。
    サラダ油を入れ粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
(5)生地を2時間位休ませます。
(6)カップに7分目~8分目まで注ぎます。
(7)上に砕いた胡桃、海の精 桜の塩をまぶします。
(8)予熱150度。180度で25分焼き完成です。

◆料理のポイント◆
約50~60分(2時間生地を寝かせる時間は含みません)


モニター


『  桜の塩餡パン  』
桜の塩の香りがほんのり香り、ふりかけた桜の塩の
塩分がアクセントの塩餡パンです。

◆材料◆  4個(90分)
強力粉(140g)
ドライイースト(3g)
海の精 桜の塩(2g)
砂糖(20g)
バター(20g)
溶き卵(20g)
豆乳(60ml)
白餡(30g×4)
海の精 桜の塩(少々)
白胡麻(少々)

◆作り方◆
(1)ボウルにを全て入れます。手で生地をひとまとめにします。
     生地を揉む、捏ねる、叩くを繰り返します。
(2)生地の表面がなめらかになったら、表面が張るように丸めます。
(3) 一次発酵60分
(4)スケッパーで4等分します。
(5)クルクルと転がしながら丸めます。
(6)ベンチタイム(ふきんなどをかけ6分置きます)
(7)麺棒で円形に伸ばし白餡をのせ包みます。
(8)とじ口を下にして型を作ります。天板に並べます。
(9)二次発酵28分
(10)表面に卵液を塗り白胡麻、海の精 桜の塩を振ります。
      180度予熱のオーブンで13分焼いて完成です。


モニター


『  桜の葉がなくてもさくら餅  』
桜の葉がなくても桜の塩が代わりをしてくれます。
桜の塩と苺の酸味が春ですね~

◆材料◆  12個(30分)
道明寺粉(150g)
海の精 桜の塩 (1g・1袋)
砂糖(大2)
食紅(適量)
水(220g)
白餡(15×12=180g)
苺(12個)

◆作り方◆
(1)水にを溶かします。
(2)白餡を12個に等分し丸め、へたを取った苺を包みます。
(3)容器に道明寺粉、海の精 桜の塩、(1)を入れ混ぜます。
(4)ラップの中央に穴を開けてラップをします。
     電子レンジで4分加熱してそのままの状態で10分くらい蒸します。
(5)桜餅を12等分し丸めてから手のひらで円形に平たく伸ばし
    真ん中に苺餡をのせて餅で包み形を整えて完成です。

◆料理のポイント◆
(4)ラップの中央に穴を開けるのは真空になり餅が潰れるのを防ぎます。

◆モニター感想◆
春を感じる桜の塩は色んなお菓子、パン、お料理のアクセントになります。
1gづつ小分けになっているので計る手間が省け使いやすく、衛生的です。

とても可愛らしいピンクなのでこんどは天ぷらにかけて頂いてみますね。
北海道の桜の開花は1カ月も先ですが、一足はやく春を感じるお塩でした。
モニターさせて頂きましてありがとうございました。

海の精ファンサイト参加中

このページのトップヘ